職業体験3

感想文の続きです

「職業体験」
 私は学校で職業体験を行うことになり、巫女さんのお仕事を体験したいと思いこの神明宮へきました。巫女さんのお仕事はどのようなことをしているのか分からなくとても興味を持ち今回こちらを選びました。
 初日の朝初めてはかまを着させていただきました。はかまの着方はとても難しく覚えるのが大変でした。最初はおちてこないかと心配してきつく結びすぎてしまいました。
 その後に、担当の巫女さんがおまもりの種類を教えてくださいました。とてもたくさんのおまもりがありびっくりしました。いろいろな色や絵が書いていてキレイでした。他にもさまざまなことをしたり教えてくださいました。
 二日目は、初日よりははかまをすんなり着ることができ、昨日結びすぎてしまったので少しゆるく結びました。
 朝は落ち葉からはじめ終わると二階へ行きすずを持ち踊りをしました。踊りはとてもゆっくりとしたリズムでテンポを合わせるのが難しかったです。何回も練習していくうち少しずつできるようになってうれしかったです。最後の踊りの時音楽に少しずれてしまった部分もありましたが踊れて良かったです。
 この日は結婚式がありました。私たちは見学していました。とてもキレイでした。初めて神社での結婚式を見たので良い経験となりました。
 最終日、はかまを着るのが最後となってしまったのでとても残念でした。しかし、はかまは上手に着ることができうれしかったです。最後に神職さんが私たちのために願いごとを神様にお伝えしてくださいました。私は「金運上昇」を願いました。願いが叶うとうれしいです。
 とうとう3日がたちました。巫女さんのお仕事はたくさんありとても学ぶことができました。
 3日間ほんとうにお世話になりありがとうございます。ここで学んだことを活かしたいと思いました。

「神明宮に来て」
 私が職業体験で神明宮を選んだきっかけは普段、巫女さんがどのような仕事をしているか、何をなさっているのか気になったからです。
 今回、職業体験で神明宮に来て巫女さんの仕事をしてみて、たくさんの仕事をこなしていることや、とてもやりがいがある仕事だということが分かりました。
 三日間という短い時間でしたが、結婚式の見学や内職、そうじや片付け、舞のおけいこなど、普段なかなか体験することが出来ないこともやらせて頂きました。
 巫女さんの仕事を体験して大変だと思いましたが、とてもすてきな仕事でなあと、あこがれがふくらみました。
 また、袴を着るのは大変で難しかったけれど、とても着心地が良かったです。
 神社の方々には本当に良くして頂き、ていねいなご指導でとても分かりやすかったです。みなさんのおかげで、充実した三日間を送ることが出来ました。感謝しています。
 ありがとうございました。

所業体験をした生徒さんの感想文は以上で終わりです
高校生になったらぜひお正月に助勤で奉仕しに来て下さいね