お白石持ち行事~服装について~

 

こんにちは。

番外編として、お白石持ち行事の時の服装についてお話します!

前の記事でも、法被(はっぴ)を着ていると書きましたが、お白石持ち行事では全員同じ格好をします!

 

(アナログな絵ですみません(^_^;))

 

頭には「奉献」と書かれた鉢巻をして、「神宮式年遷宮」と書かれた法被をきます。

法被の下に着るシャツや、ズボン、靴、カバン等すべて白!!!!

帽子をかぶる場合帽子も白という決まりがあります。

 

私はこのイラストのような服を着ていました。

靴は、小学生の時に履いていたような上履きの真っ白な靴を履きました。

カバンは近所の衣料品売り場を捜し歩きましたがまったく見つからず・・・。

途方に暮れて家に帰ったら、なんと母が手作りで作ってくれていました!(◎o◎)!ありがとうございました(^_^;)

意外と真っ白なカバンが売られていないことにびっくり・・・。

20年後に参加するお白石持ち行事では、もっと早いうちに用意するものを準備しておこう・・・と心に決めました。