七五三について

こんにちは!

11月に入りました。

平成30年も残すところあとわずか

あっという間に感じます💦

11月といえば七五三!!

当宮でも可愛い子供たちがたくさん参拝に来てくれています。

今日は七五三についてお話します。

IMG_3117

7歳までは神の子

医療が発達していなかった昔

子供や乳幼児の死亡率が非常に高く

7歳まで無事成長できるかどうかは

神様が運命を決めている

言われていたそうです。

おまつりごと自体は平安~室町時代頃から始まったといわれ、

明治~大正時代頃から現代のような七五三の形に

なっていったといわれております。

また子供の厄払いの意味もこめられていました。

昔は子供の死亡率が高かったため

7歳になってはじめて社会の一員(人間)とみなされていたそうです。

無事7歳まで成長できた感謝を伝える

医療の発達した現代ではあまり考えにくい事ですが

当時は大変な苦労があったのでしょう。

IMG_3118

千歳(ちとせ)とは

千年のこと。

わが子が千年(長い年月)も長く健やかに生きられるようにと

親から子へ

長寿の願いが込められています。

よく千歳飴の袋に描かれている松竹梅や鶴や亀にも

強い生命力や長寿の意味があるそうですよ。

時代とともに七五三の形は少しずつ変わってきていますが、

子供の健やかな成長幸せを願う気持ち

今も昔も変わらないものであり続けてほしいと願います。