人生儀礼
  • 着帯の祝い・安産祈願

「着帯の祝い」とは、胎児の健全な発育を願い、妊婦が白布の腹帯〈岩田帯)を締めるお祝いです。
懐妊五ヶ月目の戊の日を選ぶのは、犬のお産が軽い(安産)ということにあやかりたいという願いからだといわれています。また、妊婦は赤ちゃんが岩のように丈夫に育ちますようにとの意味の込められた岩田帯をしめます。
「安産祈願」とは、無事な出産を神さまに祈る儀礼ですが、この祈願を、着帯の祝いの日に合わせて行うことが多いです。

ご祈祷の予約は不要です。直接受付までお越しください。
また御希望の方には二千円にて腹帯を授与しています。受付の際にお申し出ください。

  • 初宮詣

jinsei_photo1 子宝は神様の恵みによって授けられるものでお七夜には赤ちゃんの名付けを行います。
まずは子供の誕生を奉告するために、家庭の神棚の脇に赤ちゃんの名前を記した紙をしばらく貼っておきましょう。そして、初めて神社にご挨拶するお祭りが、初宮詣(お宮参り)です。地方により多少違いがあるようですが、一般的には男児が生後三十二日目(または三十一日目)、女児は三十三日目に参詣します。

初宮詣には、子どもに祝い着を着せ、夫の母(姑)が抱くのが習慣になっています。 祝着は、男児が黒地の紋付きで、女児は友禅の晴れ着が伝統的です。かつては、祝い着を妻の実家が調達していましたが、最近ではそういった古い慣習にこだわらない人も増えてきました。また何日目というのも一つの基準であって、どうしてもこの日にしなければならないというものでもありません。赤ちゃんの健康を第一に考えて、お越し下さい。

ご祈祷の予約は不要です。直接受付までお越しください。

なお、御祈願をお受けになる赤ちゃんには、おかけ(赤ちゃんにかける着物)を無料でお貸ししております。

男女各三着ご用意しておりますので、ご希望の方は受付の際にお申し出ください

  • 七五三詣

jinsei_photo2 七五三の祝いを、古くは「髪置き(かみおき)」「袴着(はかまぎ)」「帯解き(おびとき)(紐(ひも)解き)」の祝いといっていました。

髪置きは三歳の男女児の祝いで、もう赤ん坊ではないという意味から、今まで剃っていた髪をこの日から伸ばし始める儀式です。袴着は五歳の男児の祝いで、初めて袴を着ける儀式、帯解き(紐解き)は七歳の女児の祝いで、着物の付け紐を取り去り帯に替える儀式です。

現在では、その年齢にあたる子どもに晴れ着を着せて、11月15日に神社へ参詣し、子どもたちの成長と健康を感謝すると共に、今後の成長とさらなる健康を祈願する儀礼となりました。なお、本来は数え年で祝いますが、最近では満年齢で祝うことが多いです。
また参拝の日取りも11月15日にこだわらず、その前後の都合の良い日にお越し下さい。

ご祈祷の予約は不要です。直接受付までお越しください。

レンタル衣装・撮影はこちらをご覧ください。

  • 成人式

20歳になった男女が、大人として社会的に認められ祝福を受ける日が1月の成人の日です。
この日には公共団体主催の成人式のほか古来より行われていた様々な儀式に因んで神社でも成人祭が行われ大勢が参拝します。

ご祈祷の予約は不要です。直接受付までお越しください。

  • 年祝い

齢を重ね一定の年齢になると、人生の波路を遙かに越えて来たことを祝う習わしがあります。
jinsei_image
それぞれのお祝いの年には、無事に人生を送れたことへの感謝と喜びを神様に奉告しましょう。

ご祈祷の予約は不要です。直接受付までお越しください。