アップルレザー御守

神明宮では2020年正月より新素材「アップルレザー」を使用した御守の頒布をはじめました。
アップルレザーとは本来廃棄される予定だったリンゴを素材に使ったバイオレザーです。リンゴ由来のバイオ成分とウレタン樹脂、綿などの素材を組み合わせて構成されています。

日本には古代よりお守りが存在しましたが、勾玉から始まって木簡などの護符、平安時代の懸守、そして現在最も一般的な錦のお守り袋、近年ではカード型のものなど、その時代ごとの価値観や技術力などによって様々な新しいお守りが生まれてきました。

その流れを汲み、当宮ではこれまで、日本人のライフスタイルの変化にあった新しいお守りを、と言う思いのもとレースブレスレット型の「神むすび」などを頒布してきました。
そして更なる次世代のお守りの形を模索する中で出会ったのがアップルレザーです。

アップルレザーはリンゴジュースを生産する際に出る大量の産業廃棄物をどうにかしたいという思いから生まれました。イタリアの果樹園で収穫される大量の有機リンゴの搾りかすをアップサイクルすることで、環境に優しい革新的な新素材です。

植物由来のレザーへの注目が高まりつつある中、自然の恵みを生かす素材を取り入れることでこれまでにない新たなお守りの誕生となりました。袋型お守り三色と鏡付きお守りを三色を頒布。 革製の鞄は勿論、様々な鞄にお付けいただけます。

お頒ちの際は専用のお箱にいれてお渡しいたします。